マリオットボンヴォイ

【必見】マリオットボンヴォイ|4つの期限延長・ホテルカテゴリー廃止・ポイント変動制を徹底解説【2022年版】

エグチ

『マリオット、改悪されるの?』『解約した方がいいかな?』

と、思っていませんか?

今回は、こんな悩みを解決します。

この記事で解決できるお悩み

ポイント変動制について知りたい
✔ 改定内容を詳しく知りたい

この記事は、

  • 会員ステータス等の期限延長
  • ポイント宿泊制度に関する改定
  • 改定への対応策
  • 過去の改悪事例

についてまとめています。

この記事を読むと「マリオットボンヴォイ・ステータス延長の有無」「ホテルカテゴリー・シーズン制の廃止」「フレキシブル(変動)ポイント制」を深く理解することができます。

以下、今回の発表を踏まえた今後のスケジュールです。

エグチ

今回の改定発表の影響で、マリオットアメックス(旧・SPG)カードの申し込みにブレーキがかかった方も多いはず。

ぜひ参考にしていただければ幸いです(^^♪






    \最もお得な発行方法は紹介制度/

    マリオットプレミアムの紹介制度をご希望の方は、以下よりメールアドレスを送信ください。※自動返信にて紹介リンクを発行します。

    メールアドレス  

    「メールが届かない」「入力が面倒」という方は、Twitter上からも紹介可能です。下記「Twitterから申し込む」をクリックした後、DM画面にて「紹介」とお送りください。

    マリオットボンヴォイ|4つの期限延長

    期限延長となる4点は以下のとおり。

    1. 会員ステータス
    2. マリオットボンヴォイポイント
    3. 無料宿泊(フリーナイトアワード・FNA)
    4. スイートナイトアワード(SNA)

    詳細はこちらからご確認ください。

    マリオットボンヴォイ公式HP

    以下、各項目について紹介いたします。

    ①会員ステータス|2023年2月まで延長

    現在のステータスは、2023年2月まで維持されます。

    つまり、2019年、2020年に獲得した会員ステータスは2023年2月まで延長されます。

    2021年12月までに、

    • マリオットボンヴォイPCサイト
    • モバイルアプリ

    のアカウントで確認できるとのことでした。

    Elite Status 

    Are you extending Elite status for Members in 2022?

    Yes, we are extending Members’ current Elite status through February 2023, whether earned in 2019 or 2020. Members who earned status in 2021 are already enjoying their status through February 2023.

    When will status extensions be reflected in the account section of the Marriott Bonvoy® app and web page?

    By December 2021, qualified Members will see their Elite status expiration extended in their account. Members can view their account by logging into Marriott.com or via the mobile app.

    https://help.marriott.com/s/article/Article-24119

    アンバサダーエリートの資格獲得条件

    マリオットの最高峰ステータスであるアンバサダーエリートの条件は緩和されていました。来年は、通常に戻る予定です。

    • 通常「年間100泊+US $20,000の利用」
    • 2021年「年間100泊+US $14,000の利用」
    • 2022年「年間100泊+US $20,000の利用」

    What is the spend threshold for achieving Ambassador Elite Status in 2022?

    For 2021, we reduced the $20,000 USD spend threshold for attaining Marriott Bonvoy® Ambassador Elite status to $14,000 USD. Beginning on January 1, 2022, it will return to $20,000 USD.

    https://help.marriott.com/s/article/Article-24119

    ②マリオットボンヴォイポイント|2022年12月31日まで延長

    マリオットボンヴォイポイントの有効期限が2022年12月31日まで延長されます。

    ここ2年利用していなかった方は1年救済されます。

    エグチ

    SPGアメックスを保有していれば、毎月ポイント加算しているため、ポイントの有効期限は実質無制限です♪

    Points Expiration

    Is points expiration being extended?

    To provide you ample time to redeem Marriott Bonvoy® Points, the expiration of points is paused until December 31, 2022 (previously March 31, 2022). At that time, your Marriott Bonvoy® Points will only expire if your Account has been inactive for at least 24 months.

    https://help.marriott.com/s/article/Article-24119

    ③無料宿泊(フリーナイトアワード)|2022年6月30日まで延長

    無料宿泊(フリーナイトアワード)は、2022年6月30日まで延長となります。

    条件:現在の有効期限が2022年1月3日~22年6月29日のもの

    • SPGアメックス継続特典(50,000ptまで)
    • 年間チョイス特典の無料宿泊(40,000ptまで)
    • プロモーション
    • トラベルパッケージ   など

    Free Night Awards (FNAs)

    Is the expBy December, Members who currently have a Free Night Award (FNA) with an expiration date between January 3, 2022 and June 29, 2022 as part of as part of their cobrand credit card benefit, annual choice benefit, promotions, or travel package will be able to redeem it through June 30, 2022.

    引用元:https://help.marriott.com/s/article/Article-24119

    ④スイートナイトアワード(SNA)2022年6月30日まで延長

    2021年12月31日までが期限の「スイートナイトアワード(SNA)」は、2022年6月30日まで延長されます。

    「スイートナイトアワード(SNA)」 とは、スイートルームにアップグレードしてもらえる特典のことです。

    Suite Night Awards™

    Is the expiration date for Suite Night Awards™ (SNAs) being extended?

    By December, Members who have Suite Night Awards™ previously set to expire on December 31, 2021 will see their Suite Night Awards™ expiration extended to June 30, 2022.

    引用元:https://help.marriott.com/s/article/Article-24119

    【重要】無償宿泊トップオフ|2022年初頭から

    主な内容は以下のとおりです。

    • 無料宿泊(50,000pt)に最大15,000pt追加で利用可能
    • 2022年初頭から利用可

    無料宿泊に最大15,000ポイント追加して使用できるという内容です。

    現在50,000ptで宿泊できる「○」に加え、15,000pt追加の場合「◎」の箇所が宿泊可能になりますね。

    カテゴリオフピーク(閑散期)スタンダード(通常期) ピーク(繁忙期)
    15,0007,50010,000
    210,00012,50015,000
    315,00017,50020,000
    420,00025,00030,000
    530,00035,00040,000
    640,00050,00060,000
    750,00060,00070,000
    8 70,00085,000100,000
    エグチ

    2022年3月~は必要ポイント数が変動するので、注意が必要ですね♪

    SPGアメックスの無料宿泊特典のほか、50泊&75泊達成時の年間チョイス特典で選んだフリーナイトアワードなどが対象になるとの予想も。

    Free Night Award Top Off

    In early 2022, Members will have the opportunity to increase their Free Night

    Award by adding up to 15,000 additional points, expanding the value of the award and possible options across the portfolio.

    引用元:https://help.marriott.com/s/article/Article-24119

    【重要】フレキシブルポイント制(変動制)導入|2022年3月29日から

    主な内容は以下のとおりです。

    • ホテルのカテゴリー、シーズン制の段階的廃止
    • フレキシブルポイント制度の導入
    • 2022年3月29日~部分的廃止、2023年完全移行
    • 2022年中はオフピーク~ピークの範囲でしかポイント数は変動しない

    つまりは、

    空室状況や季節性により、ホテルの料金・ポイント数が変動する

    という内容です。

    エグチ

    2022年中はオフピーク~ピークの範囲でしかポイント数は変動しない」

    とのことなので、現段階で大きな変動幅は見込めませんね♪

    Starting March 2022, hotel categories (1-8) and redemption rates classified as Off-Peak, Peak, or Standard will be replaced with flexible point redemption rates. That means the amount of points needed to redeem a stay will be more flexible and will more closely align with hotel rates — based on availability, seasonality, etc. If you’re traveling somewhere with a lot of availability, you can expect to use fewer points. And if the destination you love is busier during your preferred dates, the redemption amount may increase.

    引用元:https://help.marriott.com/s/article/Article-24119

    ネットの反応は様々

    https://twitter.com/ponyori_J/status/1453194026736185349?s=20

    おさらい|マリオットボンヴォイのカテゴリーと宿泊ポイント

    現在、マリオットボンヴォイ参加ホテルは、8つのホテルランクがあります。

    ポイント宿泊の必要数は、ホテルランク(ホテルカテゴリー)と3つのシーズン(ピーク・スタンダード・オフピーク)によって定まります。※以下の表参照

    カテゴリオフピーク(閑散期)スタンダード(通常期) ピーク(繁忙期)
    15,0007,50010,000
    210,00012,50015,000
    315,00017,50020,000
    420,00025,00030,000
    530,00035,00040,000
    640,00050,00060,000
    750,00060,00070,000
    8 70,00085,000100,000

    超繁忙期はポイント数が跳ね上がる予想も。来年の繁忙期のポイント予約はしておきたいですね。

    ポイント&現金で予約できる「キャッシュ&ポイント制度」は継続とのこと。

    フレキシブルポイント制への対応策

    対応策①平日や閑散期を狙う

    ホテルカテゴリー、シーズンの廃止は、平日や閑散期に宿泊できる人にとっては大きなメリットです。

    できるなら、必要ポイント数が少ない平日や閑散期を狙うのがオススメです。

    対応策②繁忙期は2022年3月までに予約を行う

    繁忙期や狙っている日(記念日)などは、早めに予約を行うことが必要です。

    予約後に必要ポイント数が減った場合は、再予約をすればポイントは戻ってくるので、

    • カテゴリー上位のホテル
    • 繁忙期(年末年始・GW・お盆・クリスマス)

    は早めの予約をオススメします。

    フレキシブルポイント制が導入される2022年3月までに、ポイントを貯めておくことが必要ですね!

    貯め方は以下のとおりです。

    今のうちに予約するべきオススメホテル

    ポイント変動制の導入に伴い、現段階でカテゴリー上位のホテルは、予約がとりにくくなることが予想されます。

    あまたあるマリオットボンヴォイ参加ホテルの中で、選りすぐりのホテルを3つ挙げます。

    ①ザ・リッツ・カールトン日光

    ②ザ・リッツ・カールトン東京

    ③HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパ

    過去事例|SPGアメックス改定

    改悪事例は、過去2回です。
    内容(一部)は、以下のとおりです。

    • 朝食とホテルラウンジが有料化
    • レイトチェックアウトが14時までに
    • 無料宿泊に必要なポイント数が増減

    それぞれを詳しく解説します。

    朝食とホテルラウンジが有料化

    2018年8月以前、マリオットのゴールドエリート会員だと

    • ホテルの朝食が無料
    • お酒や軽食を楽しめるホテルラウンジが無料

    で利用できました。

    SPGアメックスカードがあれば、朝食とホテルラウンジが無料で楽しめたわけです。

    しかし、改定によって朝食無料とホテルラウンジが受けられるのは、ゴールドエリート会員より上のプラチナエリート会員以上に変更になりました。

    ホテルラウンジの利用は、通常だと4,000~6,000円ほどの追加料金がかかります。

    つまり、改悪前はSPGアメックスカードを持ってホテル宿泊をするだけで4,000~6,000円ほど得をしていたわけです。

    現在は追加料金を払って楽しむしかありません。

    エグチ

    改定でもっともブーイングが大きかったのがこの「有料化」でした。

    ウェルカムドリンクも廃止

    ウェルカムドリンク…チェックインの際、ラウンジやレストラン等で利用できる特典。

    ホテルラウンジが利用できなくなったことに伴い、ウェルカムドリンクの1杯無料特典も廃止となりました。

    レイトチェックアウトが14時までに

    以前は、レイトチェックアウトが16時まで可能でしたが、14時までに変更となりました。

    観光目的よりも、ホテルをできるだけ長く楽しみたい方にとっては寂しい改悪です。

    無料宿泊に必要なポイント数が増減

    SPGアメックスカードで貯めたポイントは、

    • 飛行機のマイルに移行する
    • マリオットのホテル宿泊に充当する

    などさまざまな使いみちがあります。

    SPGとマリオットが統合した際、無料宿泊に必要となるポイント数が変更。

    必要なポイント数は、ホテルによって増えたり、減ったりしました。

    無料宿泊に必要なポイント数については、マリオットの公式サイトの「ホテルを検索」から確認できます。

    自分がよく利用するホテルの無料宿泊必要ポイント数が増えていたら改悪です。

    逆に、以下のホテル系列(一部)は必要ポイント数が減っています。

    シェラトン
    ・フォーポイント バイ シェラトン函館
    ・シェラトングランドホテル広島
    ・シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
    ・シェラトン・北海道キロロリゾート
    ・シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
    ・シェラトン沖縄
    ・横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
    ウェスティン
    ・ウェスティン都ホテル京都
    ・ウェスティンホテル大阪
    ・ウェスティンホテル仙台
    その他
    ・コンヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
    ・翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
    ・ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクションホテル
    ・セントレジスホテル大阪

    まとめ

    この記事をまとめると以下のとおりです。

    • 会員ステータスは2023年2月まで延長
    • 2022年3月~ホテルカテゴリー順次廃止(2023年完全移行)
    • フレキシブル制の導入
    • スイートルームへのアップグレード特典(SNA)は、2022年6月30日まで延長
    • 2022年1月3日-6月29日までの無料宿泊(FNA)は6月30日まで延長
    • 無料宿泊(FNA)に最大1.5万P加算した予約が可能に
    • 平日や閑散期を狙うとともに、繁忙期は早めに予約をする

    特に「フレキシブル(変動)制の導入」については、SNS上では様々な意見がありますね。

    現在の各カテゴリーのオフピークからピークの範囲内のようにも読み取れますし、そうではないとも読み取れます。

    いずれにしても、昨日(10/26)の公表だけでは「改善・改悪」を判断はできません。

    今後も動向を注視していきたいと思います♪

    それではまたー!
    現場からは以上でーす!






      \最もお得な発行方法は紹介制度/

      マリオットプレミアムの紹介制度をご希望の方は、以下よりメールアドレスを送信ください。※自動返信にて紹介リンクを発行します。

      メールアドレス  

      「メールが届かない」「入力が面倒」という方は、Twitter上からも紹介可能です。下記「Twitterから申し込む」をクリックした後、DM画面にて「紹介」とお送りください。